ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

お買い物の前に

ホーム > LADY'S > ikkuna/suzuki takayuki / shirt dress

ikkuna/suzuki takayuki / shirt dress

NEW オススメ
*ご好評につき完売しておりましたこちらの商品が再入荷いたしました。

細やかにデザインされたディティールが、
大変目を引くシャツタイプのワンピースです。

小さな襟が首元にちょこんと添えられた、前開きのデザイン。
ウエストに同素材のリボンが付き、
結び方で少しずつシルエットを変えて着ていただけます。

たっぷりとした身幅と、自然と肩の落ちるシルエットは
ikkunaらしく、贅沢に生地を使い動くたびに揺れる生地が美しい。
肩や背中など、少しずつギャザーを寄せることで
絶妙な塩梅で、女性の体の曲線に沿ったシルエットを作り上げています。

また、裾は前後で長さを変え、少し深めにスリットを入れたデザイン。
なびく裾の動きに自由度が高まり、軽やかさを際立たせます。

膨らみのあるリネン素材は、ふわりと包まれているような肌触り。
見た目にも、着心地も、大変柔らかく優しい印象を与えます。

透け感がありますので、ご着用いただく際は
ペチコートを合わせていただきますか、
シャツやパンツなどとの重ね着をしてご着用下さい。

コットンやリネン素材などの薄手のタートルネックとも合いますので、
長い季節ご活用いただける一着です。

col.チャコールグレー【消炭色】・・・古来より伝わる「隅の五彩」"焦、濃、重、淡、清"の
"焦"にあたる色で、墨に近い灰黒色のことです。
書画に用いられる墨は、菜種油や松を燃やしてできた良質の煤を膠で練り、
香料を加えて固めたものです。
ikkunaでは、ログウッドの樹皮から抽出した色素を使って表現しています。
ログウッドは、世界各地の墨染め文化に多大な影響を与えた植物で、
お守りの木、光を招き入れる木として大切にされています。

col.ベージュ【砥粉色】・・・白木の化粧や漆器の下塗りに使われていた、
現在のベージュに近い色です。
平安時代より様々な用途に用いられてきた日本固有の材料である、
柿渋の未熟な果実から抽出した色素を使って表現しています。

col.ブルー【呉須色】・・・呉須とは、染付に用いる、コバルト化合物を含む鉱物の名です。
原石は黒ずんだ青緑色。粉末にし、水に溶いて磁器に文様を描き、
上に釉(うわぐすり)をかけて焼くと藍色に発色します。
陶磁器顔料の中で最も多く使用される美しく発色の良い青色です。
ikkunaでは、クチナシの実から抽出した色素を使って表現しています。

画像上から1~3枚目 col.ホワイト
画像上から4~5枚目 col.ベージュ
画像上から6~7枚目 col.ブルー
size:1
肩幅:53cm
胸囲:133cm
袖丈:53cm
着丈(前-後):115-122cm

quality
麻 100%

made in Japan

モデル身長
col.ホワイト着用:153cm
col.ベージュ着用:154cm

ご注文について

ご注文前によろしければ御一読下さい。
商品名: ikkuna/suzuki takayuki / shirt dress
商品コード: 181007D
価格: 35,640 円(税込)
発送日目安: 1~2日後
ポイント: 1320 pt
サイズ0/1/2/3/4/5/6
カラー
個数
在庫  残りあと 1
  在庫の詳細を見る
このページのトップへ